スマホの通信量を節約できるダウンロード再生可能な動画配信サービス一覧

動画配信サービス(VOD)はスマホでも視聴できる

今ではインターネットの普及に伴い iPhone やアンドロイドなどのスマホも1人1台が当たり前となってきました。
動画配信サービスはスマホなどのデバイスで利用することが可能なので、通勤の電車の中や出張先などでチョットした空き時間に気軽に楽しめて便利です。

スマートフォンの LTE 回線は平均で30 Mbps 程の回線速度なので、基本的にはストレスなく HD 画質で動画を視聴することが可能です。

当然、電波が届かない位置にいるなど受信する環境によってはストレスを感じるでしょうが、一般的な利用であれば問題ないといえるでしょう。

スマホでの動画の視聴には残り通信量の注意が必要

スマホでもストレスなく視聴と紹介しましたが、スマホで動画配信サービスを視聴する場合には注意が必要です。みなさんご存知かと思いますがスマホの通信には制限というものがあり、基本的にスマホの定額契約の場合なら月に5~7 GB。
この通信量を超えることによって速度制限がかかり、通信速度が低下し快適にスマホを利用できなくなります。

一般的な使い方なら通信量を超える心配の無い通信制限ですが、動画配信サービスを HD 画質で視聴すると結構な通信量を強いられます。
例えば映画1本で1 GB 程度の通信量になってしまうこともあり、何本か映画を視聴したら7 GB の制限を超えてしまうわけです。

これは初めてスマホで動画配信サービスを利用する人に「あるある」のミスで十分気をつけて利用する必要があるポイントといえるでしょう。

通信制限を気にせずスマホで視聴する方法

ここまでの説明では、スマホが動画配信サービスの利用に適していないと感じるでしょう。
実際に通信制限がある回線の利用には適していないといえます。

しかし、通信制限を気にせず視聴することが可能な方法があります。

その通信制限を気にせず視聴できる方法とは、事前に wi-fi 環境を利用して動画をダウンロードしておくということ。
それぞれの動画配信サービスにもよりますが、例えば「U-NEXT」や「dTV」では視聴したい動画をスマホへとダウンロードすることができるため、わざわざスマホの回線で通信せず、自宅のインターネット回線でダウンロードすることで通信制限を気にすることなく映画などが視聴し放題というわけです。

自宅のネット回線であれば、通信量を使うことなくスマホに動画を保存することができ、好きなタイミングで視聴することができるでしょう。
※自宅のインターネット回線が使い放題のプランでありことが前提です。

また、ダウンロードしてある動画なのでスマホの回線が安定せずに途中で止まってしまといったストレスもありません。

それでも「どうしても外で急に視聴したくなった」ということも無いとはいえません。

できればスマホで動画配信サービスを利用するなら wi-fi が利用できる場所で動画を視聴することをオススメします。

動画の再生方法は2種類ある

上で紹介したダウンロード再生ですが、実は動画配信サービスの動画の再生方法には大きくわけてストリーミング形式とダウンロード形式の2つがあります。
どちらの再生方法にも特徴があるので、2つの再生方法のメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

ストリーミング形式のメリット・デメリット

ストリーミング形式は、ダウンロードしながら動画を視聴する方法で、動画の視聴中は常時ネットに接続しておく必要があります。
ストリーミング形式のメリットは視聴したいと思った動画をすぐに視聴することができ、デメリットとしてはネット環境がないと視聴できない点です。

ダウンロード形式のメリット・デメリット

ダウンロード形式は、動画のデータをダウンロードしてデバイスに保存してから視聴する方法です。
ダウンロード形式のメリットは通信状況が悪い環境でも通信量を節約しつつ動画を視聴可能なことで、デメリットはあらかじめ動画をダウンロードしてデバイスに保存しておく必要がある点です。

ストリーミング形式とダウンロード形式、どちらがいいの?

動画配信サービスを利用すればiPhoneなどのスマホで手軽に外出先や通勤中でも映画やドラマを視聴できますが、スマホの通信量を気にしたり通信状況が悪いと満足に動画を視聴できずにイライラした経験はあると思います。

ここではそんな悩みを解決し、通信環境に左右されず、通信量を節約できてストレスなく動画を楽しむ方法として動画のオフライン視聴(ダウンロード再生)をおすすめします。

ストリーミング形式とダウンロード形式、どちらもメリットやデメリットはありますが、外出中に動画を視聴する機会の多い方は通信量や通信状況を気にせず動画を楽しむならオフラインで楽しめるダウンロード形式のある動画配信サービスを選びましょう。

ダウンロード再生可能なオフラインで楽しめる動画配信サービス

数多くある動画配信サービスですが、それぞれ動画配信サービスでオフラインで視聴ができるか、できないかは決まっています。

ここではダウンロード再生が可能でオフライン視聴ができる動画配信サービス、できない動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス オフライン視聴
Hulu ×
FOD(フジテレビオンデマンド) ×
Netflix ×
U-next ◯ ※PCダウンロード不可
dTV ◯ ※PCダウンロード不可
DMM 見放題 ch ライト
Amazonプライム・ビデオ
Google Play

このように、動画配信サービスでオフライン視聴ができるものは複数ありますので参考にして下さい。

よく外出中の移動時間などに動画を視聴している方は、ダウンロード再生が可能な動画配信サービスを選ぶといいでしょう。

動画をダウンロードする時の2つの注意点

動画配信サービスで動画をダウンロードする時に注意点は2つあります。
まず、動画配信サービスによってダウンロード出来るデバイスが決まっているということ。
当然、ダウンロードできないデバイスでは動画をダウンロードして保存することはできないためオフライン視聴はできません。

次に、ダウンロード形式に対応していないサービスやデバイスでアプリや、その他の方法を使って動画をダウンロードすることは法律に触れる違法行為の恐れがあるということ。
そういった方法を取るとウイルスにかかる危険性があることなどもあり得るので、正規の方法以外でのダウンロード行為は控えるようにしましょう。

人それぞれ動画配信サービスの楽しみ方は違いますが、しっかりと決められたルールに則って、快適に動画を視聴しましょう。

動画をダウンロードすることができる動画配信サービスなのか、自分のデバイスに対応しているのか知ることが大切です。
後悔しない動画配信サービスを選ぶためにも
しっかり動画配信サービスを理解して選びましょう。

注目の動画配信サービス

hulu(フールー)公式サイト
hulu(フールー)
海外ドラマだけでなく日本のドラマも充実!マルチデバイスへの対応が充実していて超高画質!アニメ・教育系コンテンツも豊富で子供も楽しめる!